2016年3月10日木曜日

Brooks Brothers Red Fleece 2016 Collection

Brooks Brothers Red Fleece 2016 Collection
Brooks BrothersのRed Fleece Spring 2016 Collectionがスタイリッシュなテーマでウインドウに登場した。メンズは "New Blue Suit" がテーマでコットンスーツとキャンバススニーカーのコーディネイト。いっぽうウイメンズはシルククレープのマキシプリントドレス、サテンシャツドレスなどで、New Romanticsをテーマに打ち出した。2013年のデビュー当時はまるでキャンパスルックスだったが、最近はテーラードもあればネクタイもあるというルックスで、親父ブランドのBroooks Brothersとどこが違うんだという雰囲気が強くなってきた。しかしSpring 2016のテーマは悪くない。
Brooks Brothers Red Fleece 2016 Collection
Red Fleeceは2012年にFlatiron(Manhattan)にオープンしたFlatiron conceptがベースになっていて、Generation-Y(G-Y)がターゲットだった。G-YはBaby boomersの子供世代だから、当時の成長クラスターから考えたら孫世代のMillennialsのほうがポテンシャルが高かった。しかし親父世代のBaby boomers 相手のBrooks Brothersにとっては、孫世代のMillennialsより息子世代のG-Yのほうが魅力的だったのである。
Brooks Brothers Women's Spring 2016 Collection by Zac Pozen
Red FleeceがSpring 2016にNew Blue SuitやNew Romanticsなどと気の利いたテーマを打ち出したのは、Spring 2016からBrooks BrothersウイメンズにZac Pozenラインが登場したから、目先を変える必要性に迫られたからである。いつまでもG-Yにこだわらずに、Abercrombie & FitchやAmerican Eagleが見放されつつあるMillennialsをターゲットターゲットカスタマーにするほうが正解だが、年寄り相手にやってきたから二の足を踏んでいるのである。アメリカのマスファッションチェーンは業績不振で四苦八苦しているが、Brooks Brothersも当分の間低迷を余儀なくされるだろう

Follow the Manhattan Specialty Chain
Barneys Downtown Flagship Back Where It AllStarted

0 件のコメント:

コメントを投稿