2015年5月28日木曜日

GAP White : Paperbag-waist pants

GAP White Eyelet Dress, image from GAP Newsletter.
Memorial Day Weekendも終わって、あと数日でMidsummerがやってくる。アメリカのマスファッションチェーンは、ストアもウエッブもサマーモードに一斉にチェンジした。5月に急増していたホワイトプレゼンテーションは、これからIndependence Day(7月4日)までメインストリームのポジションを占めるのは確実になってきた。GAP(HQ:San Francisco, CA)はすでに4月から散発的なホワイトプレゼンテーションを展開してきた。本5月16日には純白の ”Linen paperbag-waist pants”を店頭投入し、本格的なホワイトプレゼンテーションを打ち出した。
GAP White Culottes, image from  GAP Newsletter.
もともとGAPのプロモーションはスタイルとプロダクトをワンセットでプレゼンテーションするのが伝統で、今回もホワイトスタイルを paperbag-waist pantsとセットにして店頭に投入した。このホワイトテーマはシリーズになっていて、4月のFit & flare shirtdress、5月初旬のWhite Eyelet Dress、5月末のWhite Culottesをタイムシリーズで次々に店頭投入してきた。
GAP Linen paperbag-waist pants, image from  GAP Newsletter.
GAPは2007年4月にGAP white shirts campaignを打ち出して、メディアと業界の話題をさらった実績を持っている。ハイファッションの有名デザイナーを多数起用したキャンペーンだったが、今回は規模からみて単なるシーズンキャンペーンである。
GAP White Overall, image from  GAP Newsletter.
GAPはマススタイルチェーンだが、アメリカの歴史に残る数々のFashion Iconを生み出してきた。今回のホワイトプレゼンテーションを、2007年の規模で展開すれば強力なインパクトになったと思うが、現在のWhite Trendをそれほどのトレンドとは評価しなかったようだ。この判断が正解だったか裏目に出るかは、Independence Day頃には判明する。

0 件のコメント:

コメントを投稿