2015年1月28日水曜日

States and Cities had overreacted to storm warnings

2This is a better-safe-than-sorry scenario,” New York Mayor Bill de Blassio said.
いったいこれはどうなってるんだ。空港閉鎖。高速道路全面通行禁止。官公庁休業。公立学校休校。旅行禁止令。夜間外出禁止令。北東部沿岸7州非常事態宣言。まるで宇宙戦争でも始まりそうな物々しさだった!
National Weather Serviceの発表では史上空前、今世紀(といっても15年しか経っていないけど)最強のスノーストーム来襲。セントラルパーク積雪予想90cm。瞬間最大風速65MPHのブリザードということだったのに・・・
Most shelves empty at Grocery stores in Manhattan,
ところが一夜明けた火曜日は晴れ時々曇り。マンハッタンの積雪は20cm。地下鉄も朝から運転再開。停電も水道管凍結もなかった。いったいブリザードはどこに行ったのか? 雪のちらつく中、長蛇の列で買い溜めした食料品はいったいどうなるのよ・・・ということになっています。
Subway system stop by storm on Monday night.
Bill de Blassio(ニューヨーク市長)は火曜日になって、「雪は2フィートくらいと聞いてたんで、それに対応できる準備してたんだが・・・。でもまあ最悪の事態になるより予報がはずれて良かった。」とCNNに答えています。
National Weather Serviceはスミマセンでしたというコメントを発表したが、予報が外れたのはストームの進路が海岸を離れて東寄りだったことと、進行速度が予想より速かったためらしい。

USA Todayによると、史上空前のスノーストームではなく、歴史上最も空騒ぎして不自由させられたスノーストームだったと評している。

0 件のコメント:

コメントを投稿