2014年10月5日日曜日

Four Cities Fashion Week : 2015 Spring/ Summer

Marc Jacobs 2015 Spring Summer Collection.
Paris Fashion Week(Mode a Paris)が10月1日終わった。これで9月4日にニューヨークからスタートしたGlobal Fashion Weekは4大開催地の全日程を終了した。1カ月余のスケジュールで、600近いデザイナーとブランドが4つの都市でコレクションを発表した。2015 Spring-Summer Collectionもまた、綺羅星のような才能達によってアルチザンの技、エキゾチックなスタイル、新しいアート感覚が披露された。
Burberry Prosum 2015 Spring Summer Collection.
New Yorkで最も存在感のあったのは、やっぱりMarc Jacobsだった。今回はBeat by DreとのコラボレーションでHeadphone Showだったが、それ以上に“Black Bowl Cut” WigとNo Makeupも注目された。ParisからNew Yorkに活動の場が移っても、彼の存在感はいささかも揺るがない。
Moschino 2015 Spring Summer Collection.
LondonはBurberry Prorsum(Christopher Bailey : Chief Creative Officer)が牽引した。BaileyはいまやLondonから世界のクリエーターに突出した。帝国の首都は再びインキュベーターの時代に回帰したように見える。
MilanはMoschino(Jeremy Scott)がHumorあふれるBarbie Styleを披露した。春のMcDonaldに続くAmerican Graffiti第2弾で、Scottはアルチザンの達人達に叛旗を翻したのである。Armani、Dolce & Gabbana、Pradaの時代は過ぎ去りつつある。
Louis Vuitton 2015 Spring Summer Collection.
ParisはChanelのボードビル風のストリートパフォーマンスのいっぽうで、去年に続いてNicolas Gesquiere(Louis Vuitton)が一層の進化を遂げた。圧倒的なアーチストのストックには、Anthony Vaccarelloのような挑戦的若手アーチストもキープしている。やはりParisは文化の層が厚いのである。

世界のFashion Presentationは、10月にはローカルシティに移る。

0 件のコメント:

コメントを投稿