2014年2月27日木曜日

Urban Outfitters 2014 Spring/Summer Sneakers


The chain start with the classics
Urban Outfitters presentation from Newsletter.
Urban Outfitters(UO:本社:ペンシルバニア州フィラデルフィア)の2014 Spring/Summer presentationは「Classic」である。ブランドセレクションは「Converse」「Vans」「adidas」が主力である。「New Balance」もセレクトしているが、主力3ブランドとは少しだけ距離を置いた。ホリデーに打ち出した「Dr.Martens」と、1月に打ち出した「adidas+Reebok」から完全に切り替えた。これからEarly Summerまで、徹底したクラシック・ローテーションを展開する。
Urban Outfitters presentation from Newsletter.
UOはコンバースが2014 SSに打ち出したCONS Star PlayerとCONS Aero Jamや、アデイダスが総力を挙げて強化中のadidas Originalsには全く興味を示していない。ナイキの圧倒的成功がほぼ確実となった、パフォーマンススニーカー路線も一顧だに顧みない。
UOには90年代にFoot LockerやFinish Lineの向こうを張って、Generation Yスニーカーを牽引して来たチェーンの自負がある。ユーススニーカースタイルのトレンドセッターのプライドにかけても、ブランドメーカーのプロモーションに安易に妥協するような路線は取らないのである。
Urban Outfitters presentation from Newsletter.
ニューヨークやボストンのスニーカーブティックや、ロサンゼルスのアーバンブティックがやっているような、チマチマしたコラボーレーションもUUOの選択肢には存在しない。500を越えるスペシャリティチェーン・オペレーターとして、UOはアメリカのユーススニーカースタイル・トレンドセッターとしてプレゼンテーションを展開しているのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿